カラーリング

飲むだけで髪復活!

カラーリングのダメージが抜け毛の原因に

一度行うと黒染めしない限りはずっとカラーリングをし続けることになるでしょう。

 

黒髪よりも茶髪の方がお洒落に見える、明るく見える、垢抜けるなどの理由でカラーリングをしている女性も多いですよね。

 

しかし、一度カラーリングをすると定期的にリタッチを、数か月おきにフルカラー染めをしなければいけません。

 

一度黒染をすると色が入りにくくなってしまうので何年間も黒髪に戻していないという人も多いですよね。

 

しかし、そんなカラーリングが薄毛の原因になるって知っていましたか?

 

若いうちから薄毛になるのはカラーリングのせい?!

 

最近は20代から30代前半のうちに薄毛になってしまう女性が増えているそうです。

 

これはカラーリングをはじめパーマ、カールアイロン、ヘアスプレーやワックスなどで髪の毛が痛んでいることが原因でしょう。

 

特に注意したいのが、カラーリングです。

 

カラーリングにはさまざまな種類があり、種類によって頭皮に負担のかかる割合が変わってきます。

 

そんなカラーリングの種類と髪の毛への負担の度合いをいくつか説明いたします。

 

ブリーチ

 

明るい髪色を作りたい、理想の髪色に仕上げたい。
そんな時に活躍するのがブリーチですよね。

 

ブリーチは髪の毛のメラニンを分解し脱色し髪色を入れる方法です。

 

一度脱色すると、色を抜いた部分が黒く染まることはありません。

 

脱色した髪の毛に色を乗せるので理想通りの髪色になりますが、髪の毛事態にも、頭皮にも、負担はとても大きいでしょう。

 

ブリーチを続けると頭皮も痛み、髪の毛も痛み、薄毛になる可能性がどんどん高くなってしまいます。

 

一番おすすめすることが出来ないカラーリングの種類でしょう。

 

ヘアカラー

 

一番一般的なカラーリングが、こちらのヘアカラーです。
薬剤を混ぜ合わせて好みの髪色に仕上げます。

 

ブリーチ程の色の入りは良くありませんが、ブリーチよりも髪の毛の負担は少ないでしょう。

 

さまざまな種類があり、髪の毛の負担を最小限に抑えるものも増えてきました。

 

けれども頭皮に付着すると痛んでしまいますし、続けて行うと痛みやパサつきの原因となってしまうでしょう。

 

特に家庭用のヘアカラーは美容室などで使われている薬剤よりも髪の毛への負担が大きくなります。

 

ヘアマニキュア

 

髪の毛表面をコーティングする形で色を入れるのがヘアマニキュアです。

 

ハイドロキノン自体のダメージは少ないのですが、黒髪に入れてもほとんど色はつかず、ある程度明るい髪にしか発色することはありません。

 

色も一か月程度で落ちてしまうのでカラーリングを楽しみたい人には物足りない方法でしょう。

 

髪の毛のためにもカラーリングは適度に

 

カラーリングにはさまざまな種類がありますが、どんな種類のカラーリングでも髪の毛や頭皮にダメージを与えてしまいます。

 

美容室で染めると頭皮にできるだけ付着せず、髪の毛への負担を考えて施術を行うことが出来るでしょう。

 

しかし自宅で染めてばかりではどんどん頭皮への負担が大きくなってしまいます。

 

日々トリートメントでケアをすることで髪の毛へのダメージを軽減することが出来ます。

 

しかし頭皮のダメージはなかなか改善することが出来るでしょう。

 

激しいダメージを受けた頭皮は育毛剤では改善できないほどの状態になってしまうかもしれません。

 

将来の薄毛が気になる、頭皮のダメージが気になるという人は、できるだけカラーリングを控えたほうが良いかもしれませんね。

口コミ1位のおすすめ育毛剤!