シャンプー方法

飲むだけで髪復活!

薄毛に悩む女性はシャンプーを毎日するべき?

シャンプー マッサージ

 

多くの方は毎日お風呂に入り毎日髪の毛を洗っているでしょう。

 

しかし海外では、毎日洗髪どころかお風呂に入らない場合もあります。

 

もちろん日本国内でも、毎日は髪の毛を洗わないという人も少なくはありません。

 

髪の毛を洗うということは、髪の毛についた汚れを落とすとても大切なことです。

 

しかし、シャンプーは洗浄力が強いので、毎日洗っていると頭皮にも髪の毛にも負担がかかってしまうでしょう。

 

そのため、薄毛の人は毎日洗わない方が良い、という説もあるようです。

 

 

実際は、どうすればよいのでしょうか?

 

 

基本的には、毎日洗髪をすることをおすすめします。

 

なぜなら、髪の毛に一番悪いのは頭皮についた皮脂だからです。

 

薄毛が進行する理由の多くは、頭皮の皮脂の過剰分泌です。

 

しっかりと頭皮の汚れを落とさないと薄毛が進行してしまいますし、薄毛対策商品の効果も衰えてしまうでしょう。

 

昔はお湯のみでも十分汚れを落とすことができました。

 

しかしそれは食生活の影響です。

 

今現在は肉や添加物を多く食べる家庭がほとんどなので、昔よりも体から油分が分泌する量もどんどん増えて来ました。

 

そのせいで、頭皮の油分の量も増えたのです。

 

髪の毛のことを考えるのであれば、毎日のように洗髪をするようにしましょう。

 

一般的にシャンプーは頭皮に負担がかかると思われがちですが、きちんとした方法で洗えば頭皮を傷付けることなく、洗い上げることができるでしょう。

 

 

また、朝にシャンプーをした方が良いか、夜にシャンプーをした方が良いかでも悩んでいる人もいます。

 

これは確実に、夜に洗う事をおすすめします。

 

頭皮の油分は髪の毛にはよくありませんが、全くなくても髪の毛に負担がかかってしまうのです。

 

頭皮や髪の毛に油分があるから、紫外線等から髪の毛を守ることができます。

 

洗髪したての髪の毛だと油分が全くついていない状態なので、紫外線等から髪の毛を守ることができなくなってしまうのです。

 

夜は成長ホルモンが分泌しやすい時間なので、油分のない綺麗な状態の髪の毛に栄養を送り込むことができます。

 

そして朝になると適度な油分が出ていて、髪の毛を守ってくれるのです。

 

朝の油分が気になる、という人は朝にシャンプーをしても良いですが、軽くすすぐ程度にしておくことをおすすめします。

 

油分が気になるからと言って一日に複数回シャンプーをすると、髪の毛にも頭皮にも負担がかかってしまうのではないでしょうか。

 

髪の毛の健康の為にも、一日一度、夜に洗うようにして下さい。

 

 

 

 

 

シャンプー中に出来る簡単な頭皮のマッサージ方法

簡単に育毛効果を与えたいのであれば、シャンプー中の頭皮マッサージがおすすめです。

 

頭皮マッサージは、決して難しくはありません。
シャンプー中に行うようにすれば、手間も時間もかけることなくマッサージを行うことができるでしょう。

 

また、頭皮マッサージはお金をかけずに出来る育毛方法なので、薄毛が気になるはじめた人にはぴったりなのです。

 

なぜ頭皮マッサージが良いのかというと、頭皮を健康的な状態にすることができるからでしょう。

 

頭皮を揉むことで、血行促進効果を与え、頭皮に栄養を十分に届けることができるようになります。

 

そのため、健康的な髪の毛を作りやすい状態にしてくれるのです。

 

また、頭皮マッサージを行うことにより普段よりも丁寧にシャンプーを行うことになります。

 

しっかりとシャンプーをしなければ頭皮の毛穴に汚れが詰まり、栄養を十分に送ることができない状態になってしまうでしょう。

 

頭皮マッサージを行うことで新陳代謝が活発化しターンオーバーを円滑に行うことができるようになりますし、汚れもしっかりと取れます。

 

頭皮トラブルも軽減できますし、健康的な頭皮環境をキープすることができるようになれるのではないでしょうか。

 

髪の毛の健康の為にも、頭皮マッサージを行うようにしましょう。

 

 

頭皮マッサージの方法はとても簡単です。

 

まずは、指の腹を頭皮に置きましょう。

 

親指以外の両手8本の指で丁寧にマッサージしていきます。

 

この時大切なのが、決して爪を立ててはいけないということです。

 

爪を立てた方がしっかりと洗えるし痒みも取れる、と思うかもしれませんが、爪でひっかくと頭皮に傷や炎症が出来てしまう可能性があります。

 

頭皮の為にも、指の腹で押す様にマッサージをした方が良いでしょう。

 

マッサージは、指をずらしながら下から上で、上から下へ、頭皮全体を揉みこむ様にマッサージをしてみてください。

 

マッサージの目安は1回につき5分程度です。

 

あまりやり過ぎると逆に負担が掛かってしまうので、5分程度にしておきましょう。

 

また、マッサージは強すぎず、弱すぎず、イタ気持ちいい程度の強さで行ってください。

 

 

シャンプーの時に頭皮マッサージを行うことをおすすめしますが、テレビを見ているときや暇なとき、いつでも実践しても良いでしょう。

 

特に、育毛剤を付けた後に頭皮マッサージを行うと、成分がぐんぐん浸透しやすい状態になり、育毛剤の効果を高く感じることができるので、おすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

シャンプー後はタオルドライのみ?ドライヤーを使う?

ドライヤーの熱は、頭皮にも髪の毛にも大きな負担をかけてしまいます。

 

そのため、ドライヤーを使わない方が良いのでは?と思う方も多いでしょう。

 

しかし、それは間違いです。

 

ドライヤーを使うことよりも、ドライヤーを使わないで自然乾燥をした方が髪の毛に負担がかかってしまうのです。

 

 

髪の毛が濡れていると、雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

 

そのままの状態でいた方が、頭皮環境を悪化させてしまうのです。

 

また、濡れたままで眠ると髪の毛が眠っている最中にこすれ、摩擦し、髪の毛が悪い状態となってしまうでしょう。

 

頭皮が濡れたままだとそのまま蒸れて、雑菌が繁殖して、炎症が起こり、薄毛も進行してしまうのです。

 

髪の毛の為にも、しっかりと乾かしてから眠るよにしてください。

 

 

また、ドライヤーの乾かし方にもいくかのポイントがあります。

 

正しい手順でドライヤーをかければ、髪の毛に負担をかけることなく乾かすことができるでしょう。

 

 

まず、お風呂からあがったらしっかりとタオルドライをしましょう。

 

フェイスタオルでもバスタオルでも良いので、しっかりと髪の毛の水分をとってください。

 

タオルのみですべての水分を取るのは難しいですが、ポツポつと水分がしたたらない程度にするのは難しいことではないでしょう。

 

また、タオルドライをするときは絶対に髪の毛をこすらないようにしてください。

 

髪の毛同士をこすってしまうとキューティクルがはがれて艶のない不健康な髪の毛になってしまうのです。

 

 

タオルドライをした後は、ドライヤーを使いましょう。

 

ドライヤーは、同じところに2秒以上当てないようにしましょう。

 

長時間当ててると、髪の毛の熱量が辺り負担がかかってしまいます。

 

また、近距離でドライヤーを当てることもおすすめしません。
できれば10センチ程話してドライヤーをかけてください。

 

ドライヤーを使って乾かすときは、しっかりと乾かしましょう。

 

髪の毛を触って冷たいと感じない状態であれば、しっかりと乾いた状態といえます。

 

生乾きのままでドライヤーを当てても意味がありません。

 

出来れば、ヘアクリームや洗い流さないトリートメントを使ってドライヤーを使うようにして下さい。

 

髪の毛の表面を保護すれば、負担をかけずにドライヤーを使うことができるのではないでしょうか。

 

 

ドライヤーを使うことで、頭皮が硬くなるのを防いだり、血行促進効果を実感することができます。

 

 

薄毛に悩んでいる人にこそ、ドライヤーを使ってもらいたいのです。

 

 

 

 

 

 

口コミ1位のおすすめ育毛剤!