女性の薄毛を隠せる髪型

飲むだけで髪復活!

女性の薄毛を隠せる髪型

薄毛を隠せる髪型

 

薄毛はすぐには改善しません。
もし薄毛が気になってきたら、まずは髪型を変えてみましょう。

 

髪型次第で薄毛を目立たなくすることは可能です。
薄毛を隠しつつ、薄毛対策を行って見てはいかがでしょうか。

 

 

女性の薄毛は、分け目の目立ちから始まることが多いでしょう。
薄毛が進行してきたら、まずは分け目を少し変えてみましょう。
分け目を変えるだけでも随分薄毛を目立たなくすることができます。

 

 

同じ分け目をしていると、どうしても部分的に薄くなってしまいます。
また、分け目部分は普段から紫外線を浴びて頭皮が傷む傾向にあるのです。
そのため、分け目を変えるだけでも十分薄毛を隠し、薄毛の進行を抑える役割があります。

 

いきなり分け目を変えると、髪の毛が浮いてしまったり違和感が生じるかも知れません。
そんなときは、豚毛ブラシでブラッシングをして見ると馴染みやすくなります。

 

前髪が長い人は、ポンパドールをしてボリュームを出してみてはいかがでしょうか。

 

分け目を隠すことができますし、ドレッシーにもカジュアルにも対応できる髪型だと思います。
薄毛を自然に隠すことができるおすすめの髪型です。

 

ポンパドールが苦手という場合は、カチューシャやヘアバンドでカバーをしてみても良いかも知れませんね。

薄毛になりにくい髪型

女性は本当にさまざまな髪型のバリエーションが豊富です。

 

ロングヘア、ショートヘア。

 

短いといってもベリーショートにボブヘアまでいろいろありますし、ロングヘアでも長さもいろいろなパターンがあるでしょう。

 

男性の染髪が禁止されている職場でも、女性は茶髪程度なら許されることも多いでしょう。

 

もちろんパーマ、縮毛矯正等でヘアアレンジも可能。

 

毎日ヘアアイロンやコテでセットをしている人もいるでしょうし、ポニーテールにお団子、三つ編み、髪型のバリエーションは本当にさまざま。

 

ヘアスタイルは、女性だからこそ楽しめるものだと思います。

 

けれども気になるのが、薄毛との因果関係ですよね。

 

ヘアアレンジを頻繁にしたり、きっちり髪の毛を結びすぎたり、パーマや染髪を頻繁に行っていると薄毛になりやすい。とも言われています。

 

確かに頭皮に負担をかけると薄毛になるというのはわかるでしょう。

 

けれども「薄毛になりやすい髪型」「薄毛になりにくい髪型」は存在しるのでしょうか?

 

 

ロングヘアの方が薄毛になりやすい?

 

ロングヘアー 薄毛

 

髪の毛の長いほうが薄毛になりやすい、ということはありません。

 

どんな髪型でも、頭皮をしっかりとケアして健康的な状態を保てば薄毛になりやすいということもないでしょう。

 

けれども、年齢を追うごとにどんどん、綺麗に髪の毛を伸ばすことは難しくなります。

 

栄養不足になり髪の毛のツヤも減少するので、綺麗に伸ばしにくくなってしまうでしょう。

 

また、髪の毛が長いとシャンプーがおざなりになってしまう、頭皮までドライヤーで乾かしにくくなってしまう等もありますよね。

 

これらのせいで、ロングヘアの方が薄毛になりやすいというイメージがついてしまいました。

 

綺麗に伸ばせるのであれば、ロングヘアでも良いでしょう。

 

しかし、頭皮に負担をかけずに、シャンプーで頭皮までしっかりと洗い、きちんと髪の毛を乾かしやすいという点で言えばショートヘアの方がおすすめです。

 

短い髪型でも女性らしくすることも、アレンジをすることも可能です。

 

ショートヘアが苦手なのであれば、ボブヘアやセミロングでもよいでしょう。

 

大切なのは、自分のケア方法。

 

髪の毛が薄くなり始めたら少しずつ、育毛剤等でケアをしていれば、ロングヘアでも薄毛にならず、綺麗に伸ばすことが出来るのではないでしょうか。

口コミ1位のおすすめ育毛剤!