産後に薄毛になりやすい理由

飲むだけで髪復活!

産後に薄毛になりやすい理由

産後、脱毛症になる人は少なくありません。

 

妊娠中は、出産をするために普段よりも女性ホルモンの量が増えます。
また、体内の栄養量も増えるので、髪の毛が普段よりも健康的な状態となります。
抜け毛も減るでしょう。

 

しかし、出産をすると増加したホルモン量も通常に戻ります。
体内の栄養状態も、もちろん戻ってしまいます。

 

そのせいで、一時的に抜け毛が増えたように感じてしまうのです。

 

出産後一時的に脱毛所になったとしても、半年から一年ほど経過をすると、多くの方が通常の頭皮環境に戻るでしょう。
そのため、出産後の薄毛は心配する必要はありません。

 

けれども中には、出産後数年経っても薄毛が改善しないという場合があります。

 

原因はさまざまです。

 

高齢出産をすると、産後の薄毛が改善しない場合が多いでしょう。
若い世代であれば産後のホルモンバランスの乱れの改善も早いでしょう。

 

しかし、35歳以上の高齢出産になってしまうと、産後の薄毛の改善も遅く、そのまま改善しない場合も珍しくはありません。

 

 

産後のストレスにより薄毛が戻らない場合も多いでしょう。

 

産後は育児のストレスが溜まってしまいますし、生活リズムも乱れてしまいます。
そのせいで薄毛が進行してしまうのです。

口コミ1位のおすすめ育毛剤!