薄毛治療薬パントガールとミノキシジル

飲むだけで髪復活!

女性の薄毛にパントガールとミノキシジル

病院

薄毛は男性だけが悩まされていることではなく女性でも悩まされることがあり、近年では女性の社会進出が活発になっていますので薄毛で悩んでいる女性が増えています。

 

また、高齢女性だけではなく若い女性でも薄毛で悩まされている人は多くおり、学校や職場などでのストレスが原因になっている人もいれば家事や育児などが原因になっている人もいるのです。

 

こうした薄毛で悩まされている女性は改善するために色々な方法を試してみたり実際に試して改善した人もいるでしょうが、特に薄毛に効果があって注目されているものがパントガールとミノキシジルです。

 

女性の薄毛が増加傾向にある最近になって騒がれるようになったのがパントガールで、男性の薄毛である男性型脱毛症の治療に使用されているのがミノキシジルです。

 

ミノキシジルは男性用の発毛剤に配合されていることで有名になり、市販されている知名度が高い発毛剤を使用して効果を得ている男性が多くいますが、配合量を減らして女性でも使用することができ、男性と同じように発毛効果を得ることができます。

 

パントガールは女性の薄毛を改善できることで認可されており、女性特有のびまん性脱毛症や分娩後脱毛症などに特に効果があるとされています。
このようなパントガールとミノキシジルの決定的な違いは飲み薬と塗り薬になっているということです。

 

パントガールが飲み薬でミノキシジルが塗り薬になります。

 

どれくらい髪が抜けたら病院に行くべきでしょうか?
こちらをご覧ください→ 病院に行くべきか?

 

パントガールの特徴と効果

 

ここ数年、薄毛で悩まされている女性が増えており、ホルモンバランスの乱れや頭皮のトラブルなどによって抜け毛が増えて薄毛になっている人が多くいます。

 

そうした女性の薄毛を改善するために効果的となるのがパントガールという飲む育毛剤です。

 

このパントガールは抜け毛を改善して発毛を促すという内服薬になっており、世界で初めて発毛効果と安全性が認められている薄毛治療薬になります。

 

また、パントガールは細胞代謝を活性化させて髪の成長に必要な栄養を供給することができ、これによって発毛や育毛を促すことができますし、紫外線のダメージに対する抵抗力も強くすることができます。

 

それに、パントガールは育毛や発毛の効果だけではなく、配合されている成分によって爪や肌にも効果があるとされています。

 

パントガールに配合されている有効成分はケラチン、パラアミノ安息香酸、パントテン酸カルシウム、ビタミンB1、薬用酵母、L-シスチンなどです。

 

ケラチンは毛髪や爪、皮膚などを作るのに必要となるタンパク質で18種類ものアミノ酸で構成されています。

 

パラアミノ安息香酸は肌や毛髪を若々しく保つことができ、白くなりかかった髪色を元に戻すことができるため白髪防止効果もあります。

 

パントテン酸カルシウムは髪や皮膚の組織を正常にさせる作用があり、ビタミンB1は糖を代謝するために必要な栄養素でストレスを和らげるさようもあります。

 

薬用酵母は消化酵素ですので胃腸薬や栄養補給剤に含まれる成分で、L-シスチンは髪の角質を作るのに必要な硫黄が含まれています。

 

 

ミノキシジルの特徴と効果

 

ミノキシジルは男性型脱毛症の治療に使用されている外用薬ですが、女性の薄毛を改善するためにも有効とされていますので実際に多くの女性が使用しています。

 

また、ミノキシジルは元々、血圧降下剤として高血圧患者のために使用されていましたが、使用中に薄毛改善効果がみられたために薄毛治療薬として使用されるようになりました。

 

このミノキシジルは血管を拡張させる作用がありますし、髪の成長に必要な栄養を毛細血管を通して毛母細胞に行き届かせることができ、これによって薄毛を改善する効果を得ることができます。

 

それに、毛皮に作用してタンパク質の合成を促し、今生えている髪の毛を強く成長させることができますし、ヘアサイクルを正常化させることもできますので成長期に強くて抜けにくい髪を作り出すこともできるのです。

 

このようなミノキシジルは男性の薄毛治療によく使用されていますが、濃度を低くして女性の薄毛治療にも使用されることがありますので、気になる人は試してみるのも良いでしょう。

 

 

副作用

 

様々な原因によって髪の毛が細くなったり抜け落ちるようになったりし、髪のボリュームがなくなって薄毛になってしまったという女性もいるでしょう。

 

そうした薄毛の女性に効果的とされているのがパントガールとミノキシジルですが、使用するにあたって気になるのが副作用ではないでしょうか。

 

パントガールはアミノ酸やタンパク質、ビタミン群といった栄養素が配合されていますので副作用の症状があらわれることはほとんどありませんが、稀に特異体質で成分に対する過敏性がある人は痒みなどの症状があらわれることもあります。

 

一方でミノキシジルは副作用の症状があらわれることがよくあり、皮膚の症状として痒み、かぶれ、フケ、発疹などがあり、この他には頭痛、目まい、胸の痛み、動悸、浮腫み、体重増加、眠気、倦怠感などがあります。

 

また、女性が濃度の高いミノキシジルを使用することによって体毛が濃くなることや初期脱毛などの症状があらわれることもありますし、肝臓や甲状腺の病気がある人は副作用の症状があらわれやすくなります。

 

このようなことからも分かるように、パントガールにはほとんど副作用の症状があらわれることはありませんが、ミノキシジルは様々な副作用の症状があらわれることがありますので使用する場合は気を付けておかなければいけません。

 

 

購入できる場所

 

最近では様々な原因によって薄毛で悩まされている女性がいますが、そんな薄毛で悩まされている女性の味方になってくれるのがパントガールとミノキシジルです。

 

この2つを必要とする人の中にはどこで購入できるのか気になっている人もいるでしょう。

 

パントガールとミノキシジルは発毛クリニックや病院などで治療を受ければ手に入れることができますし、インターネットショッピングやドラッグストアでも購入することができます。

 

こうした購入できる場所は色々とありますが、病院やドラッグストアで購入するのは恥ずかしいのでインターネットショッピングで購入する女性が多くいます。

 

詳細は=リアップリジェンヌと効果的な育毛剤

口コミ1位のおすすめ育毛剤!